日々の日常日記



プロフィール

miinyanya

Author:miinyanya
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ohanashi
父が作った味噌ラーメンをすすっていると、元気のいい子供たちの合唱が聞こえた。
《ミーサーちゃーん、がっこー行きましょー》

シーちゃんだ!
ミサはラーメンを急いてすすると、ランドセルを掴んで大急ぎで靴を履いた。
《気をつけて行ってこ来いよ》
ミサは手をを振り返しながら、シーちゃんちゃんとタンクトップと三人、
並んで歩いた。

《シーちゃん、昨日新しいお星様、見た?》

ミサは肩までの髪を三つ編みにしている、シーちゃに聞いてみた。

《ううん、昨日は夜縄跳びして疲れてすぐ寝ちゃった》

シーちゃんはそう言うと、えへっと舌を出して笑った。

ミサはそんな可愛らしいシーちゃんの姿が、大好きだった。

《ボクも見たぜ!すごい光ってたよな~立派だったなぁ》
インディは鼻息荒く、二人の間に割り込んできた。

《そんでさ、俺、昨日プリンも作ったんだぜ》
《ふーん、インディ、今度プリン食べさせてよ》
ミサはそう言うと、軽くインディの肩をつついた。
《いいぜ。いつでも作ってやるよ》
今度いつインディの家に遊びに行くか話しているうちに学校に着いた。

《おはよーミサちゃん、新しい星見た?》
たかちゃんが、眼鏡をなおしながら、ミサの座っている机の前にやってきた。
《おはよう、たかちゃん。うん、見たよ。》
《うん、すごい綺麗だったね》

イーアイデム 求人
mc介護
介護DB
ホワイトショット
サミットネットスーパー
サミット 宅配

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。